大阪で知るしみの種類とは

美容の大敵、しみとは?

年中紫外線情報が出ていますが、この紫外線が強いときに外出すると、「しみが出来てしまうかも」と不安になる人が多いと思います。

紫外線以外にも要因はいろいろあり、ホルモンバランスが崩れたり、睡眠不足だったりということも考えられるのですが、ほとんどの原因は紫外線にあると言われています。

ところで、そもそもこのしみとはいったい何なのでしょうか。

この言葉は美容用語であり、医学的には色素沈殿と言われます。

メラニンという言葉を聞いたことはありませんか。

先ほど挙げたような原因となるものの影響によって、皮膚下のメラノサイトが刺激を受け、皮膚を保護するべくメラニン色素が生成されます。

このメラニン色素が皮膚に残った結果、しみになってしまうという仕組みです。

大阪では美容クリニックがいろいろあります。

大阪で肌トラブルに悩んでいる方は、ネット検索をしてみると、たくさんの美容クリニックを見つけることができますから、一度相談してみて治療を受けてみるのもいいと思います。

しみにもいろんな種類がある

一言にしみといっても、いろんなものがあります。

色や大きさもさまざまですし、できる場所によって種類が違うのですが、深刻に悩まない限りはふだんあまり意識しないかもしれません。

まずは、老人性色素斑という、紫外線によってできるしみがあり、頬やこめかみに多く現れます。

肝斑は、頬骨や額などに現れるものなのですが、30代以降の女性にできやすいもののようです。

閉経すると消えていくらしいので、不思議なものですね。

漫画のキャラクターのチャームポイントとしても描かれたりするそばかすは、鼻だけでなく顔全体に現れるものです。

しみを大阪で治す

このように、いろんな種類のしみがあるのですが、どれが現れても気になりそうです。

大阪でもいろんな美容クリニックがあります。

インターネットで検索してみると、各クリニックのホームページにしみ治療について詳しく説明があったり、写真付きで治療の様子を紹介しているところもありますから、大阪でクリニックを探している方は一度ネットでホームページを調べてみるとよいでしょう。